ピッチングにおけるカットボールとスライダーは、ボールの変化が大きいといわれる投げ方で、投げ方にも特徴があるようです。カットボールは、ボールの縫い目に指を掛けるかどうかでボールの変化の幅がかわりますが、基本的にストレートから指を少しずらして握り、投げるようですね。カットボールの投げ方そのものはストレートと同じなんですが、打者のミートポイントの寸前で変化をつけられるように、変化幅を調節して投げなくてはダメです。また、カットボールではボールの速さもポイントになりますので、速いカットボールを投げられるようになったら良いといえると思います。スライダーには、横回転のノーマルスライダーと縦回転の縦スライダーがありますね。スライダーは、ストレートの握り方から指を1本分ずらして人さし指が余る様に握る特徴的な握り方をします。この握り方で、ストレートのように投げ、リリースの瞬間に指先でボールを横から切るイメージで投げていくと、ノーマルスライダーを投げることができます。縦スライダーの場合には、人さし指と中指が縫いめにかかっていれば、あとは基本的にスライダーと同じ握り方と言えるのです。特に投げる時に抜いて投げることを意識し、リリースの時に手の甲をサード側に向けることで、縦回転を大きくして、縦スライダーを投げる事が出来ます。カットボールとスライダーの投げ方を練習し、ピッチングに幅がもてるといいですねー